TTM ネット生活便利帳
HOME
ショッピング
ウェブ作成
調べる
生活
インターネット
株式・投資
地域情報
アダルトサイト被害
防犯知識・悪徳商法・犯罪 >     [他のサブカテゴリ]
[広告]
1 - 13 ( 13 件中 ) 

ワンクリック請求・ワンクリック詐欺
最近増えている手口です。私も一度だけ経験があります。

アダルトサイトの「ENTER」や画像やコンテンツのリンク、スパムメールのアドレスなどをクリックすると、確認画面なしにいきなり「入会ありがとうございました」と表示されました。

そこには何日以内にいくら払ってくださいと書いてあって、こちらのアクセスした時間やIP情報などが記載されています。そして延滞すれば高額な延滞料金が発生し、支払いがない場合は調査会社に頼んでこちらの情報を入手して取立てると書いています。会社のパソコンを使っている場合は、会社にも取り立てに行くから会社に迷惑がかかりますよ、などと実に相手を不安にさせる文章を書いています。

手の込んでいるサイトでは、クリックするとDOS画面を模した画像や何かをダウンロードしているように思わせる画像を次々に表示させた後で、入会完了画面を表示させます。
ほとんどはただのGIF画像やページを自動ジャンプさせて表示させているだけのはったりで、相手を不安にさせる事が目的です。
何かのプログラムやデータをダウンロードする場合は、普通はダイアログが出て警告画面が出ますので、たいていの場合は心配する必要はありません。
でもブラウザのセキュリティの設定が低くなっている場合は、ダイアログが出ない事も考えられるので設定の確認はしておきましょう。


これらのサイトは完全に法律に違反しています

ですから契約が成立していると見なされませんから支払う必要はありません。
また取り立てにいくなどと書いていますが、業者がIP情報やメールアドレスなどから個人情報を知ることは出来ませんので安心してください。

実際にクリックするという行為があるだけに、はじめてこのようなサイトに遭遇するとものすごく不安になります。
ですがほとんどの場合、無視して大丈夫です。

もっと詳しく知りたい方は、検索サイトで「ワンクリック詐欺」「ワンクリック料金請求」等で検索してみてください。
Q&Aサイトなどでも、ワンクリック詐欺の質問が多くされているので調べてみましょう。

警視庁 ワンクリック料金請求にご用心


■電子消費者契約法

電子消費者契約法とは、インターネットの取引での操作ミスの救済や契約の成立時期の転換などを定めたものです。
平成13年12月25日に施行されました。

無料だと思ってクリックしたら有料で料金を請求されたり、一つの注文のつもりが複数の商品を注文したことになったりなどのトラブルが発生した場合、販売側がそれらを防止するための適切な措置をとっていないと販売契約じたいが無効になります。

□電子商取引などにおける消費者の操作ミスの救済

電子契約では、消費者が申込みを行う前にその申込み内容などを確認する画面を用意しないといけません。
確認画面を用意していない場合、消費者の操作ミスによる申込みは無効になります。

また申込みボタンを押す前に有料である事をわかりやすく明示しなくてはいけません。


□電子商取引などにおける契約の成立時期の転換

契約の成立は事業者が申込み承諾の通知が消費者に届いた時点になります。
通知の対象は、電話、電子メール、FAX、テレックス、留守番電話などです。

ワンクリックでいきなり契約完了画面は、確認画面がないだけでなく、この申込み承諾の通知もなされていません。


ワンクリック詐欺などはこの2つの点で法律に違反しています。
ですから契約は成立していませんので、あわててお金を振り込んではいけません。
お金を振り込むなどして個人情報が相手に知られた場合、騙しやすい人間のリストに載せられ、同じような業者が頻繁に接触してくるようになります。


■利用規約

ワンクリック詐欺サイトをよく調べてみるとわかりにくい所に利用規約のリンクがあります。
そこにはだいたい以下のようなことが書かれています。

「後払いシステムであること」
「ページのリンクをクリックした時点でこの契約成立とみなします」
「携帯電話情報を送信した時点でこの規約を承諾したものとします」

これと似たような事柄と料金の支払いに関する記述があると思います。

利用規約を確認しなかったこちらに非があるように感じるかもしれませんが、無視して大丈夫です。
規約よりも法律が優先されます。
契約自体が無効なのですから、規約も無効です。


ツークリック詐欺・ワンクリックウェア
ツークリック詐欺
ワンクリック詐欺の対処法の情報が広がったので、別の手口を考えたようです。

サイトの画像やメールのリンクをクリックしたとき、ワンクリック詐欺の場合はいきなり契約完了画面になりますが、ツークリックの場合、その前にダイアログが出て確認のクリックを求めます。

まず「18歳以上で規約に同意しますか」、「ご利用の前に規約をご確認ください」などのダイアログが出ます。
そしてOKをクリックすると料金表示と同意を求めるダイアログが再び出るようです。
ここで、ついうっかりOKをクリックしてしまう人を狙っているわけです。

今回は一応有料であることを明示していますが、ダイアログという間違ってクリックしやすい表示方法を使っていることや、最初のクリックが契約のクリックである事がわかりにくいなど問題のあるのは明白です。

ワンクリックと違い法律に基づいた契約内容を明示しているので、お金を支払わなくてはならないように感じますが、その必要はありません。

民法95条の錯誤による無効を主張する事が出来るからです。

第95条 意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。

ツークリック詐欺の場合、誰が見ても勘違いや間違ってクリックしてしまう可能性があるとわかるものです。
間違いなく錯誤による無効が認められると思います。

ですからこのツークリック詐欺の対処もワンクリック詐欺と同様に無視するのが一番です。

ワンクリック詐欺と同様に、悪徳業者が得ている情報はIP情報やメールアドレス情報ぐらいで、そこから個人情報を特定する事は出来ません。

ワンクリックウェア

ツークリックと同じ手口で、スパイウェアを仕込んでいる手口もあるようです。
「サイトの使い方」などと称し、「クリックすると警告画面が出ますが、それは無視して『実行する』を選んでください」などと表示して、ワンクリックウェアをインストールさせようとするものもあります。
ダイアログの警告は、無視せずに十分確認するようにしましょう。

また、ファイルの見た目にだまされないことも重要です。実際は実行ファイルなのに動画やフォルダを装うワンクリックウェアもあるそうです。ファイルの拡張子はきちんと確認しましょう。

スパイウェアがインストールされた可能性がある場合は、セキュリティソフトなどを使いチェックしましょう。
セキュリティソフトのチェックでスパイウェアが検出されなかった場合でも、安心してはいけません。
日本固有のウィルス・スパイウェアの場合、日本人からのデータの提供が少なく対応が遅れる傾向があるようです。
ですから、まだソフト会社がインストールされたスパイウェアの存在を知らないだけかもしれません。

アダルトサイトは悪意をもった人間が関わっている可能性が高いジャンルです。
このようなサイトにサクセスする場合、パソコンのセキュリティ対策をしっかり行いましょう。

セキュリティ対策を怠ると、しらないうちに自分のパソコンの情報がネットに流出するといった事が起こるかもしれません。
架空請求
身に覚えのない請求メールや普通の葉書などによる架空請求の場合は無視して大丈夫です。
お金を払ったりすれば騙し易いカモのリストに加えられ、同じような業者が頻繁に接触してくるようになるので絶対に駄目です。
電話で支払いの拒否の連絡も、相手に電話番号を知られる危険があるのでやめましょう。
無視するのが一番です。

無視できないものもあります
小額訴訟
裁判所から内容証明郵便で「口答弁論期日呼出及び答弁書催告状」がきた場合は無視してはいけません。もしそれが本当の裁判所からの連絡であれば出頭して異議申し立てをしないと自動的に裁判の負けが確定してしまいます。
このような呼び出し文書が来た場合、104などで裁判所の連絡番号を調べて本物であるか確認しましょう。
裁判所の番号は必ず自分で調べて連絡しましょう。その呼び出しが偽物の可能性もあります。その場合、そこに書かれている裁判所の番号は詐欺業者の番号に違いありません。

本物だと確認できた場合、必ず出頭して異議申し立てをしましょう。
相手は架空請求なのですから異議申し立てをすれば、大抵訴えを取り下げます。

実際には小額訴訟を起こすケースは非常に少ないと思います。
詐欺業者も自らの身元を明かす必要があるので高いリスクがあるからです。
でも完全に無いとは言い切れません。ですから知識として憶えておきましょう。

身に覚えのない高額料金請求 警視庁
架空請求(All About)
NCAC:クリックでパソコン画面上へ自動的に請求書が作成される手口
ワンクリック詐欺サイトで画像をクリックしたら、いきなり登録完了画面になる。
これはよくあるタイプです。ですが最近は、デスクトップに「ご請求.txt」というファイルを作成するタイプも登場しているみたいです。

これはちょっと怖いですよね。でも対処は普通のワンクリック詐欺の対処と同じ、お金を支払ってはいけません。
不安な人は国民生活センターに相談しましょう。

こういうサイトに遭遇した場合、証拠としてサイト名やURL、画面、利用規約などのデータを保存(印刷)しておく事をお勧めします。

またこういったサイトは、スパイウェアやウィルスを仕込んでいる可能性があるので、対策ソフトでパソコンをチェックすることをお勧めします。

ウィルス・セキュリティ情報
全国の消費生活センター
架空請求やワンクリック請求などがあった場合、うかつに支払いをしたり連絡をするのはよくありません。
メールアドレスやIP情報などから、こちらの個人情報が漏れることはありません。
ですから、無視するのが基本です。

不安な方や分からない事がある人、実際にトラブルに合われている方は、地元の消費生活センターに相談しましょう。受付は電話のみです。

国民生活センター(トップページ)
Q&Aサイトで質問する
アダルトサイト被害に関するサイトを探したのですが、このテーマを専門で扱っているサイトは少ないようです。
多くはサイトの一コンテンツで情報が少ないです。

そこで分からないことはQ&Aサイトを利用しましょう。
アダルトサイトに関するトラブルは多いようで、よく質問されています。
Yahoo!知恵袋
goo 教えて!goo
OKWeb
ネット詐欺案内所
インターネット上のありとあらゆる詐欺について解説、一番怖いのは己の無知、詐欺られる前に勉強しろ!詐欺サイト検索が可能。(引用)
ネット詐欺相談室 - パニックになる前にまず相談しましょう
ワンクリック詐欺や出会い系サイト詐欺、フィッシング詐欺などインターネットでの詐欺の情報。
相談掲示板、傾向と対策など。
出会YELL!
安心して出会い系を利用できるように、架空請求の対処策や詐欺情報などの情報を掲載。
モバイル対応。
夢なら
迷惑メールデータベース、架空請求事業者データベース、ワン切り番号データベース、架空請求・助け合い掲示板など。
えっ?と驚く前に―国際電話・Q2からの事前防御策―
ダイアルQ2や国際電話など。主にダイアルアップ接続などで接続先が変更されるトラブルなどに関する情報や対策。
【アダルトサイト被害対策の部屋】
スパイウェアなど、アダルトサイトにアクセスした事が原因と思われるパソコントラブルを扱ったサイト。
1 - 13 ( 13 件中 ) 
[広告]


HOME
ショッピング
ウェブ作成
調べる
生活
インターネット
株式・投資
地域情報
防犯知識・悪徳商法・犯罪 >
各地警察 防犯・セキュリティ 悪徳商法・ネット詐欺 アダルトサイト被害
クーリングオフ 子供の防犯 探偵・興信所 その他

   【ご利用上の注意】  【↑ページTOPへ